HOME >医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛でスベスベ肌

医療レーザー脱毛には永久脱毛の効果があるため、医療脱毛をすることにより、ファッションや流行に敏感な女性だからこそ手にしたいスベスベ肌を半永久的に手にすることが可能になります。
当ページでは、医療レーザー脱毛の誕生やしくみ、医療レーザー脱毛の流れなど医療レーザー脱毛に関する情報をご紹介します。

医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛にもいくつか種類がありますが、毛が持つメラニンという黒い色素にだけ反応すると言う特性を利用したレーザーであることに変わりはありません。

医療レーザー脱毛に利用されている原理が発見されたのは1983年、その後アメリカで正式に医療レーザー脱毛として広まり始めたのが1995年のことです。 日本で医療レーザー脱毛の機器が導入された始めたのは1997年ごろ。意外と歴史があるということがわかります。 それまで永久脱毛は針を毛穴に通し電気を流して行う針脱毛と言う方法が主流でしたが、痛みや感染症のリスクが大きかったのに対し、医療レーザー脱毛は痛みや感染症のリスクも少なく、手軽にできる方法として広まりました。

医療レーザー脱毛の流れ

当サイトをご覧になり、医療レーザー脱毛に興味が湧いた方も多いかもしれません。
そこで、一般的に行われている医療レーザー脱毛の一連の流れを簡単にご紹介します。

1.カウンセリング
クリニックに予約を入れ、来院後に問診票を記入して最初に行うのはカウンセリングです。
問診票をもとに、医師に希望部位などの相談をします。カウンセリングの短さを売り文句にしているクリニックもありますが、カウンセリングは医師が患者の意思や希望を汲み取るために非常に大切な場面です。満足のいく結果を導き出すためにも、ゆっくり、じっくりと時間をかけてカウンセリングを行います。
2.診察、テスト照射
カウンセリング後は、医師による診察で脱毛を行う部位の状態を確認します。アトピーなど皮膚に炎症などが起きてしまっている場合は、まず炎症を抑える処置をしてから脱毛を行う場合があります。医師の診察が終わったら、クリニックによってはテスト照射を行っているところもあります。テスト照射を行うことで、その日その時のコンディションに合わせた脱毛が可能になります。(都度行うクリニックもあります)
3.レーザー照射
医療脱毛に使用するレーザーは黒い色に反応するため、目を保護する必要があります。目を保護した後は患部を軽く消毒し、必要に応じて軽く剃毛することもあります。剃毛は別途料金が発生することもあるので、きちんと処理をしていきましょう。患部を軽く消毒し、レーザーを照射します。レーザーは毛根にのみダメージを与えますが、周辺の組織にも熱は伝わるため、パチンと痛みを感じることもあります。
4.アフターケア
医療レーザー脱毛を照射した後は、毛穴周辺が軽く炎症を起こしているため、患部を十分に冷やし、ローションや軟膏などを塗布します。 医療レーザーを照射した直後は毛穴が赤い点のようにポツポツと目立っていることもありますが、大抵は数日で消えるので問題ありません。 また、脱毛を行った後は肌が非常にデリケートになっているため、自宅でも保湿をしっかりと行い、日焼けをしないように気をつけましょう。

医療レーザー脱毛の注意事項

医療レーザー脱毛を受ける際には、もちろん気を付けなければいけないこともあります。
医療レーザー脱毛に関する注意事項として知られているのは以下の通りです。

自己処理
注意
医療レーザー脱毛を受ける前にはムダ毛の自己処理をしておく必要がありますが、クリニックではカミソリでの自己処理を推奨しています。
毛抜きや脱毛ワックスなどで毛を抜いてしまうと毛の生え変わる周期が乱れ、脱毛の効果がない上、毛穴周辺にも大きなダメージを与えてしまいます。
カミソリを使用する場合も、逆剃りはせずにボディソープなどを使用して肌を傷つけないように行うなど、注意が必要です。
日焼け
注意
医療レーザー脱毛を受けた後は、日焼け対策を十分に行う必要があります。日焼けはただでさえも肌に大きな負担を掛けますが、特に脱毛直後のポツポツが出ている際に日焼けをしてしまうと、シミになってしまう可能性もあります。
そのため、脱毛後しばらくの間は日焼け止めやUVカットのカーディガン、日傘などで十分に日焼け対策を行いましょう。
アフターケア
重要
医療レーザー脱毛に限らず、自己処理の後でも大切なのがアフターケアです。
脱毛によってダメージを受けた肌は非常にデリケートになっているため、十分に保湿し肌を守ってあげる必要があります。入浴後は特に乾燥しやすいため、速やかにローションで保湿し、さらにボディクリームなどで入念に保湿をしましょう。
また、日焼けも大きな乾燥につながるため、万が一日焼けした場合はパックなどを併用するとよいでしょう。

医療レーザー脱毛の仕組み

最近あちらこちらで医療脱毛を受ける人が増えてきました。
医療脱毛は価格が高いのになぜ、治療を受ける人が多いのでしょうか?
それは、医療レーザー脱毛の仕組みにあります。

医療レーザー脱毛は特定の色や物質(黒い色やメラニン)に反応する光線を用いているため、肌への負担が少ないです。
これを選択的熱治療といいます。
しかし、この仕組みによって、色素沈殿が進んでいる肌への効果が白い肌と比較して、薄くなるという点もあります。

色素沈殿が濃い部分は、メラニンが量産されているため、毛だけではなく、肌の色素に光線が集まってしまう可能性があります。
そのため光線が拡散されてしまい、効果があらわれにくくなっています。
色素沈殿が進む前に医療機関へ相談するといいでしょう。

よい相談相手を選びたいなら池袋がお勧めです。
カウンセリングなど丁寧なクリニックが多いことで有名です。
肌トラブルも解決できて自己処理の手間も省けるので一石二鳥です。

ページトップ