HOME >タトゥーやホクロがある場合

池袋のクリニック、タトゥーやホクロがあっても医療レーザー脱毛できる?

医療レーザー脱毛の仕組み

私たちの身体に生えている毛は、毛根の中にある毛乳頭から栄養を取り込むことにより成長していきます。

タトゥーがあっても大丈夫です

つまり毛乳頭を破壊しない限り、毛は生えてくるというわけです。医療レーザー脱毛ではこの毛乳頭をピンポイントで狙い、永久脱毛を行います。
なぜ毛乳頭をピンポイントで狙うことができるかというと、このレーザーが黒いメラニン色素に反応する仕組みだからです。非常に画期的ですよね。
しかし、メラニン色素に反応するということは、皮膚に多くのメラニン色素を含んでいるであろう日焼けをしている人が、そのまま医療レーザー脱毛をしてしまうと、火傷や色抜けをしてしまう可能性があるため、大変危険です。

ホクロやアザがあっても脱毛できる?

また、タトゥー・ホクロ・アザに対してもメラニン色素を含んでいる関係で、レーザーが反応してしまうことがあります。

脱毛しようとしてホクロを焼いてしまい、火傷になってしまうのです。
この話を聞くと、ホクロやアザが多い人は脱毛ができないのではないかと心配になってしまいがちですが、クリニックならそんな心配は不要です。
事前に肌のホクロやアザを確認した上で、出力を下げて施術をしてくれます。
また大きなアザなどには、レーザーが当たらないようにガーゼをして施術をすることもあります。
まれに、先にホクロをレーザー治療してから脱毛に移るという方もいらっしゃいます。
つまりホクロやアザがあっても医療レーザー脱毛することはできるのです。

医師の診断を受けましょう!

但しタトゥーに関しては、脱毛が出来ないと診断されてしまう場合もあります。

というのも、広範囲に彫られているタトゥーは隠して脱毛するのが難しいですし、細かいデザインのものなどは気を付けていても、レーザーが当たってしまい、火傷になることも考えられます。そのためタトゥーのある方お断りというクリニックも多いです。
このように、基本的には脱毛することが可能ですので、医師にしっかり肌を見てもらう必要があります。
そうすることで、肌にトラブルが起こることを未然に防ぐことができますし、自分の肌だけに合った施術をしてもらうことが可能になります。

ページトップ